« こんな結果になるなら投票に行けば良かった だと!? | メイン | 死刑執行に強く抗議する緊急アピール »

2005年09月18日

tanの政治的Profile その1

さてさて、自民党圧勝でこの国はどうなってしまうのでしょうか。赤いポストを見ると興奮してしまう闘牛だかライオンだか知りませんが、 あの頭の外見も中身もモジャモジャの人に、この国を引っかき回されるのもいい加減にして欲しいものです。

選挙が終わって一週間ということで、私tanの政治的Profileとでもいいましょうか、ポリシーを複数回にわたって掲載します。 巷では、tanは左翼的だの、いや本当のサヨクだなどと言われておりますが・・・、まぁ本当のことでしょう。(笑)

Q:ずばり、支持政党は?

A:積極的な支持政党はありませんが、自民党と共産党には投票したことはありません。基本的には、「アメリカの豊かさ、 ソビエトの社会保障、イギリスの議会政治、日本の平和憲法」を理想とする「江田ビジョン」を私の理想としています。

Q:北朝鮮問題については?

A:北朝鮮の現在の体制に対しては絶対不支持とするものの、 韓国から北朝鮮への経済援助を将来の南北統一へのソフトランディングとして積極的に支持し、拉致問題の完全解決、 北朝鮮国民の人権問題の完全解決を待つまで、日朝国交正常化に反対しています。

Q:憲法改正問題については?

A:憲法改正問題については、9条以外については改正を支持し、特に第一章にある天皇の章を後ろに移す、または削除し、 第一章を国民の権利の部とすることを提案します。また、時代にあった日本語を使用し、読みやすく、分かりやすく、 さらに50年くらいは改正しなくても済む憲法であることが理想です。9条については、 現在の自衛隊や海外派兵を現実のものとして憲法に書き加えようとする動きがありますが、 現在の条文でここまで拡大解釈されている現状を見る限り、さらにゆるい条文とした場合にどうなるか・・・、 火を見るまでもなく明らかだと考えられるため、9条については改正を支持しません。

Q:郵政民営化問題については?

A:すでに、郵政省の時代から、郵政三現業については独立採算としており、 公務員の数は数字上減るものの人件費の削減には直接つながりません。また、国債を大量に購入しているから問題だとも言われますが、 民営化したからと言って国債の購入額が減るとも考えにくいですし、仮に国債の購入額が減った場合、国債価格の下落にもつながるため、 やはり賛成する理由がありません。

Q:国鉄問題(国労問題)については?

A:1047名の早期解決を応援します。この問題は、中曽根内閣の最大の政治的犯罪であると考えています。ここから、 残酷な資本家共が大手を振って歩けるような世の中が始まってしまったと考えています。一部の資本家だけが豊かな生活をおくるのではなく、 一人でも多くの社員の、そしてその家族が少しでも幸せに暮らして行かれる社会が理想であることは言うまでもないでしょう。

 

以上が第一部。日韓問題、北朝鮮の核問題、選挙制度問題についても、いつか語ります。



さて、このblog。ランキングで何位なのか、気になりませんか? BS blog Ranking

投稿者 tan : 2005年09月18日 02:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:  http://pyol.jp/mt-tb.cgi/139


以下の書籍が参考になると思われます。


コメント