« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月

2005年03月27日

韓国短期留学から無事帰還しました。

3/1から韓国へ短期語学留学に行っていましたが、3/25に無事帰国しました。

長期の海外生活は生まれて初めてでしたが、とても良い経験になりました。

韓国の語学留学記については、少しずつ書いていくつもりですので、是非お楽しみを。

投稿者 tan : 11:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月25日

韓国短期留学記-第24日目

いよいよ、帰国の日です。

泊まっていたマリオットがある「高速ターミナル」駅は、ソウルの高速バスが集まるめちゃめちゃでかいバスターミナルなのですが、 そこのターミナルビルにシティエアターミナルがあり、大韓航空かアシアナ航空であれば、荷物を預けて、航空券のチェックインをすませ、 出国手続きまで行うことができます。

その後、空港までのバスのチケットを買い、時間までふらふらと買い物をした後(スタバでタンブラーを買ってきました。 このタンブラーを買うにも言葉が分からず、日本語ができる店員さんに助けられました。)、仁川国際空港までのバスに乗ります。

このバスで、ちょっと勉強の成果が。

バスのアナウンスは、韓国語・英語・日本語の順序で放送されるのですが、明らかに来たときとは違い、 韓国語のアナウンスが聞き取れるんです!!しかも、「だいたいこんなことを言ってるんだろうなぁ」って思った内容は、 日本語のアナウンスを聞くと、だいたい合ってました。ちょっとは、勉強の成果があったんじゃないでしょうか??

仁川の空港まで、渋滞があるかもしれないので早く行った方がいいと言われていたのですが、今日は道がガラガラ。

あまりに早く着いてしまい、空港の中をぶらぶらしたり、おみやげを買ったりしていたわけですが、ここでおすすめのおみやげを一つ。

空港の中に、韓国農協ハナロマートのお店があります。そこで、キムチとかいろんな食料品を売っているんですが、 ここでトッポッキを買うことができます。このトッポッキ、後輩にあげたところ、好評でした!

しかし、最後の最後まで何があるのか分かりません。家に帰るまでが遠足・・・じゃない、留学です。

そう、最後で笑える話が一つ。

最後の飲み会でも話していたんですが、同じクラスの男が「25日の夕方のアシアナなら同じ飛行機かもしれませんね?」 と話していたんです。で、案の定、登場待ちの時に声をかけられまして、同じ飛行機だと言うことは分かったんですが。

なんと、席が斜め前。

こんな偶然ってあるんですね。

 

今回の短期留学は、仕事を(半分)休んで無理してきてしまいましたが、得られたものは大変大きく、 こんなに楽しい一ヶ月間は近年になかったなと感じています。

やはり、クラスの友達をはじめとして、韓国で出会ったいろいろな人たちのおかげだと思います。

そして、韓国語の実力はまだまだ全然足りないことも分かりましたし、 これからももっともっと勉強を続けて行かなくてはならないなと痛感いたしました。

機会があればまた留学したい気持ちです。

ここまで読んでくださった皆様に感謝します。ありがとうございました。

投稿者 tan : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月24日

韓国短期留学記-第23日目

さて、授業は昨日で終わり、いま住んでいるところも撤収することになります。

中には、延泊する人もいたんですが、tanは一泊くらい贅沢してもいいかなーと思い、 マリオットの一泊4万以上する部屋を予約しちゃいました!!

ところが、昨日書いたとおり、帰ってきたのは朝5時。

でも、10時までにはチェックアウトをすませないといけないわけです。

廊下からは、最後の写真撮影をやっているような声が聞こえてくるわけですが、スーツケースに荷物を詰め込む方が優先です。もっとも、 荷物が多すぎて全然入りませんでしたけど。

で、寝ぼけた顔ですが、隣に住んでた人とのツーショット。

この写真を日本に帰ってきてから後輩の女の子に見せたところ、一発で寝起きだと言うことがばれてしまいました・・・

この後、マリオットに移り、仕事を済ませてから外出です。

まず、CDを買いに大学の近くの新村に行ったのですが、そこで偶然クラスの女の子に出くわしまして。ちょっとびっくりでしたが、 要するにみんなこの辺にしかいないってことらしい。そのあと、大学の売店へ行き、大学の絵はがきとピンバッチを買ってきました。

そのあと、家族に頼まれたおみやげを探しに南大門市場へ行こうとしたんですが、 地下鉄のホームで今度は同じところに住んでいた中国人の人に会いまして。残念ながら、日本語は通じないですし、 韓国語は僕が全然できないですし・・・(向こうは結構韓国語が話せる)

おみやげはすぐに手に入り、一応行っておこうかなと東大門市場へ行ったんですが、やはり僕には買うものが何もないんですよね・・・

その後、この写真の人との約束があったので、伝統茶店で有名な仁寺洞へ。

仁寺洞でお茶を飲み、夕飯を食べに、またまたまたまたま・・・(もう何回行ったか忘れた)、ティッコルモッへ。

今回は逆に、tanの方から、韓国の人を呼び出しまして、韓国最後の夜を楽しんでました。

一緒に行った人にも、楽しかったと行ってもらえましたし。よかった、よかった。

そうそう。

一泊4万以上するホテルですが。

漢江沿いの部屋だったんですが、夜景はやはりすばらしかったです。

ソウルの魅力って、この漢江にあるのかもって思ってしまいました。

投稿者 tan : 23:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月23日

韓国短期留学記-第22日目

なんと、授業最終日・・・

とっても早かったです。

今日は、授業はそこそこに、短期課程のクラス対抗のゲームとか、クラスの人たちへのメッセージを書いたり、写真を撮ったりと、 最終日ならではのイベントが続きます。

そして、最後に成績が渡されました。ちょっと変な顔してますが、写真をどうぞ。

 先生と。

 クラスの友達と。

で、今日は水曜日だったので、サムルノリもあったんです。

サムルノリも、やはり最終日ということで練習はいつもよりも短めで、最後に記念撮影と、飲み会がありました。

 サムルノリのみんなと。

 サムルノリの先生と。

残念ながら、サムルノリの飲み会の写真はありませんが、みんなでチキンを食べながらビールを飲み、 (まだ3時くらいだったんですけどね)、楽しいひとときでした。

が・・・、それもつかの間。また、仕事です。

そして、仕事が片付いたら、今度はまた飲み会。

今度はクラスの友達との最後の飲み会です。

まずは、ダッカルビ(鶏肉のカルビ)の店で一次会。ここでは、自分のクラスの人たちだけじゃなくて、ほかのクラスの人たちも(何故か) 来ており、同じところに住んでいるので僕は名前も分かっていましたが、ほかの人たちは「あの人誰?」状態。

続いて二軒目。ここが一番ハイテンションだったかも。ここで驚くべき事件が!!

っていうほどでもないんですが、途中で一人の女の子が帰ったんです。下宿のおばさんが心配するからって。それで、 お店の外まで何人かが見送りに行ったんですが(tanはお店にいましたが)、見送りから帰ってきた女の子が泣いちゃってまして。 たった3週間でしたけど、情が移っちゃったとでも言うんでしょうか、感極まっちゃったみたいで、しばらくおさまらなかったですね。

で、ここだけじゃおさまらず三軒目。ここでも驚くべき事件が!!

ここは本当に事件。なんと、ある女の子がお店の観葉植物の植木鉢を割っちゃったんです。もう、みんな一気に酔いが覚めちゃいましたよ・ ・・。しかも、言葉はほとんど通じないし・・・。

でも、とりあえずそれでやばいことにはならず、普通に飲んでたんですけどね。

ここではもう落ち着いて飲むって感じだったんですが、在日韓国人の女の子が一人いて、その子に 「彼氏とかってやっぱり韓国人の方がいいの?」みたいなことを聞いてしまったんです。というのは、昼間のサムルノリの飲み会の時、 やはり在日韓国人の男から、親からそういう風に言われてるっていう話を聞いたもんで。

そしたら、その女の子が泣き出してしまったんですね・・・

要するに、自分は日本にいても韓国人だと思っていたし、日本人にはならないって思っていたけれど、韓国に1ヶ月間住んでみると、 言葉も分からないし、自分がなんなのか分からなくなっちゃったって・・・

そう。たしかに、在日韓国人の人たちの暮らしって、韓国ではあまり知られていないことで、 日本にいても韓国にいても落ち着けるところがないって言うのは、聞いた話では知っていたんですけどね。

いきなり、話の内容がまじめになってしまい、そんな話が1時間は続いたでしょうか。

朝の4時になってしまったので、帰ることになり、僕はタクシーで帰ってきました。

今日も楽しかった!!

投稿者 tan : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月22日

韓国短期留学記-第21日目

なんと、残すところあと2日。早いものです。

教室に行ってみると・・・、いつも元気な二人の女の子がグロッキー。どうやら、昨日飲み過ぎたらしい。

テストも終わったので、今日の授業はまったりムード。しかも、最後の時間は授業ではなく、ユンノリ(韓国式の双六のようなもの) をやりました。

これが、意外におもしろい。。。

今日の夜は、またまたまた・・・、もう何回行ったか忘れましたが、ティッコルモッへ行ってきました。 昨日、湿布をくれと行ってきた女の子2人を連れて。

ところが、これも突然の予定変更がありまして。

うちの社長に紹介してもらった韓国の人がいるんですが、その人から「一緒にサッカーを見よう」と誘われまして。

そこで、OBビールの本社である斗山タワーへ行ってきました。そこの地下にあるビアホールにいるとのことでしたので。

で、そこでビールを飲みながらサッカー観戦をし、その後、ティッコルモッへ行ってきました。

誰を連れて行っても、ここの料理とお酒は評判がいいので、ありがたいです。

投稿者 tan : 23:05 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月21日

韓国短期留学記-第20日目

今日は、春分の日の振り替え休日・・・のはずですが、韓国はふつうの平日。

しかし、僕らにとっては締めくくりのテストの日。まさか、落第はないでしょうけど、できなきゃやっぱり恥ずかしいです。

先週、「こういうテスト問題が出ますよー」的なプリントが配られたんですが、これが難しい。 ちょっとこのレベルだと厳しいなぁというのが正直なところでした。

ところが、いざ試験が始まってみると、これが思った以上に簡単で、すぐ終わってしまいました。筆記が2種類、会話、 リスニングの試験があるんですが、片方の筆記試験は、みんながあまりに早く終わってしまい、最後はみんなで雑談になってしまうくらいでした・ ・・

で、試験が終わってから、クラスの何人かは飲みに行ったようですが、僕は仕事があったので帰ることに。

仕事がとりあえず終わったら、今度は眠くなってしまってベットで寝ていたんですが、これからが今日の第二部!!

突然、インターホンが鳴るんです。夜の10時くらいに。

最初は無視していたんですが、もう一回なったんで出てみると、同じところに住む女の子二人。話を聞いてみると、 片方の子がシャワールームで貧血になってしまって倒れてしまい、体のあちこちが痛く、湿布を持っていないか?とのこと。

しかし、いくら何でも海外に湿布は持ってこないでしょう・・・

どうやら、tanは薬をたくさん持っていると聞いたらしいのですが、いったいどこからそんなはなしがでてきたのか・・・?

ここで思い出したんです。昨日行った、ホームプラス(サムソン・テスコ)。24時間営業で、中には薬局もあるはず。 (薬局が24時間営業かどうかは分からないけど)

2人に聞いたところ、売っているところがあるなら行くということだったので、タクシーで文来(ホームプラスがある駅)へ。そしたら、 薬局やってました!しかも、日本語ができる店員さんまでいました!!

昨日、僕がホームプラスに行ってなかったら、彼女らはどうしていたんだろう・・・?

投稿者 tan : 02:38 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月20日

韓国短期留学記-第19日目

最後の日曜日。・・・ですが、月曜日には試験が待っているのです。遊んでいるわけにはいきません。

でも・・・、「ちょっとお買い物にいくくらいならOKでしょ」ってことで、まずはメガネをつくりに、隣の駅のカルフール(カルプ)へ。

日本でも同じですが、スーパーの中に専門店って形でメガネ屋が入っています。そこで、まずはフレームをえらび、店員に 「韓国語はあまり分からないが、大丈夫か?」と韓国語で聞きます。答えは、「ケンチャナヨ(大丈夫)」。

で、視力検査をするのかなと思っていたのですが、持って行ったメガネと同じ度数で作るか?と聞かれて反射的に「うん」といってしまい、 同じ度数でつくることになりました。べつに、それで構わなかったわけですが。

メガネが出来るまでは約1時間でした。カルフールの店内をうろつき、メガネ屋に戻ってみるとまだ出来ていないとのこと。 いすに座って待っていると、オレンジジュースを持ってきました。なかなか、ポイント高し。

しかし、(ある意味)驚いたのはその後。日本のメガネ屋と同じくらいか、それ以上にメガネを調整してくれました。 顔にぴったり合うように。

おかげで、快適なメガネができあがりました。(人からは韓国人みたいなメガネだと言われますが、当たり前です。韓国で作ったんだから。 )

その後、一度部屋に帰ったのですが、もう一カ所いってみたいところがあったんです。近くの「文来(ムルレ)」という駅に 「ホームプラス(サムソン・テスコ)」というショッピングセンターがあることを昨日発見して。

で、バスに乗る練習もかねて、バスでそこへ行ってきました。

まぁ、カルフールと大して変わらないショッピングセンターなんですが。

そこで、韓国茶を大量に買い込み、お店を一周して帰ってきました。

勉強はこれから。っていうか、買い物で疲れてあんまり出来なかったけど・・・

投稿者 tan : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月19日

韓国短期留学記-第18日目

さー、土曜日です!

来週の今頃は日本にいるのかと思うとちょっと微妙・・・

そろそろ、韓国語で話すのもちょっと自信がついてきたので、今日はちょっと遠出してきました。

行ってきたのは、オドゥサン統一展望台

北朝鮮を自分の目で見たければ、板門店に行くのが一番なのですが、 板門店は去年行ったというのと、 電車とかに乗って遠出してみたかったということで、行ってきました。

新村からKORAILに乗り、金村という駅で降ります。ここまでが約1時間。さらに、この駅からタクシーで30分。さらにさらに、 展望台の近くにあるシャトルバス乗り場でシャトルバスに乗り換えて15分くらいで着きます。

建物の中は、南北の分断・対話の歴史や北朝鮮関連の展示があり、日本語による展望台から見える景色のビデオ解説もありました。

板門店から見るのとは違い、双眼鏡でようやく見えるような距離なのですが、 一番狭いところでわずか460mしか離れていないと聞いたときにはビックリでした。一日も早い南北統一を願います。

さて、帰りなんですが、一つ難題が。

行きと同じように帰ればいいわけですが、問題はタクシー。そのシャトルバス乗り場の辺りは、ほとんど何もなく、 タクシーが流しているようなところではありません。

ソウルナビの統一展望台のページを見ると、 売店でタクシーを呼んでもらうのが良いという書き込みがありました。ただ・・・、韓国語に自信はありません。

しかーし、しばらく道路で待っていると、一台のタクシーがお客さんを降ろしたじゃないですか!!

もう、必死になってそのタクシーに手を振り、無事、駅まで帰ることが出来ました。

もしあのときタクシーが来なかったら・・・、結構大変だったかも。

投稿者 tan : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月18日

韓国短期留学記-第17日目

そろそろ、今回の短期留学も終盤です。週明けの月曜日(日本は祝日ですが、韓国は平日です。)にはテストがあります。 このテストの結果によって、今回の留学の成績が決定されます。

さすがに、今週末は勉強しなきゃなぁと思っていたんですが・・・(実は、宿題以外の勉強は結局何も出来ず、 せっかく来たのにもったいないかもって思ってたんです。)

ところがそうは問屋が卸さない。

大学から帰ってきて、仕事を済ませて、今日は教保文庫という、ソウルで一番でかい本屋に行ってきました。もちろん、 韓国語の本を買いに。試験勉強の為にも、詳しい文法書が欲しかったんです。

残念ながら、詳しい文法書はなかったんですが、その代わりに評判の良い「カナタ韓国語学院」のテキストを購入し、 あとは一人で夕飯でも食べようかなぁと思っていたんですが・・・

突然、携帯に着信が。電話帳に誰も登録していなかったので最初誰だか分からなかったのですが(韓国語で話してくるし)、 どうやらうちの社長に紹介してもらった韓国の人で。

いま、ティッコルモッにいるから、 いまから来ないか?というお誘い。

昨日もいったんだけどなぁと思いつつ、(しかも誰か友達を連れてこいとまで言われたものの、いきなり連れて行かれるわけはなく)、 一人で行ってきました。

しかも席まで昨日と同じところ!

ま、料理はおいしいし、みんないい人だから、楽しいんだけどね。

投稿者 tan : 02:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月17日

韓国短期留学記-第16日目

前に、ティッコルモッの話を書きました。 一度目は、うちの社長の知り合いの人と、二度目はクラスのコ達と。そして、今日はなんと三度目です。

二度目に行ったクラスのコ達がそのあと教室でそのお店の話をしたところ、他の人たちも行きたいと言い出しまして、 総勢9名で行ってきました。

今日は無事、トイレとお友達になっちゃう人も出ずに済みましたが。

でも、今日は大変だったんです。

というのは、実は昨日の帰り、会社から携帯に電話がかかってきてしまい、今日は仕事がもりだくさんだったんです。

そこで、大学の授業が終わったら急いで帰ってまず仕事。そこで仕事にけりをつけて社長にメールを一本入れてタクシーで向かいました。

この韓国のタクシーがめちゃくちゃ安い!初乗り、160円ですから。噂によると、タイのバンコクと同じ運賃だとか。

渋滞に引っかかり(韓国の渋滞はこれまたすごい)若干遅れてしまいましたが、先に行っていたクラスのコ達も来るのが遅かったらしく、 誰も飲み始めていませんでした。

帰る前に、みんなでお店の壁に書き込みをしてきたので(ここは書き込みがたくさんある)、もし、ティッコルモッへ行く機会があれば (あるのか?)、入って右側と左側の部屋を分けている壁を見てください。僕らの書き込みがあるはずです。

いやー、今日も楽しかった。今日の宿題さえなければ・・・(勉強は家帰ってからやりました・・・)

投稿者 tan : 02:29 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月16日

韓国短期留学記-第15日目

早いもので、今回の短期留学もあと1週間しかありません。

今日は水曜日と言うことで、サムルノリデーです。今日のサムルノリは重要です! 月曜日に腕時計の落とし物がなかったかどうかを聞かなくてはなりません。当然、韓国語で。

サムルノリの教室へ行く前、頭の中でなんて話せば通じるのか真剣に考え、先生へ身振り手振りを交え(交えっていうか、 こっちがメインか?)、何とか通じました。最後まで僕の話を聞かずに、腕時計を渡してくれましたから。

とは言っても、今回の短期留学生の中では、まだtanのいるクラスは上の方なんです。(一応)

サムルノリで一緒の女の子が、「先生の演奏を聴きたい」って伝えたかったのを、やはり身振り手振りで説明しようとしたら、 頭が痛いのかと勘違いされてしまい、僕が代わりに通訳しちゃったくらいですからね。

その後、僕がほぼNHKだけで韓国語を勉強したと話すと、とても驚いていました。その子は早稲田の1年生だったんですが、 NHKの語学講座といえば、ビジネス英会話を1週間で挫折した覚えしかないそうです。(笑)

今日のサムルノリの帰りは、授業でも同じクラスの韓国系アメリカ人の人と、隣の!梨大の中を通るコースで地下鉄の駅へ。 こっちの方が早いってそのアメリカ人(の姉弟)は言っていたんですが、どう考えてもこの方が遠かったです。しかも、 僕の住んでいるところまでは一駅分遠くなっちゃったし・・・

投稿者 tan : 02:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月15日

韓国短期留学記-第14日目

ソウルは寒い日々が続いています。日本は暖かく、花粉症がだんだんとひどくなっていると聞いております。

さすがに、連日連夜、あっちこっちに行くわけにはいきません。

今日は、授業の後、例によって学生食堂でクラスの子達とご飯を食べ、そのまま素直に帰りましたー。

あ、でも、なぜか正門の前で記念撮影。

投稿者 tan : 02:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月14日

韓国短期留学記-第13日目

今日はホワイトデーです。

もっとも、ホワイトデーって世界中にある訳じゃないって聞きますが、ここ韓国にもホワイトデーは存在します。っていうか、 ブラックデーまで存在します。(ブラックデーとは4月14日のことで、バレンタインデーやホワイトデーにご縁のなかった男女が、 真っ黒い服装で、真っ黒なジャージャーメン(といっても韓国風で甘い)を食べる日です。)

韓国のホワイトデーはすごい!!

迷彩服を着て厳つい顔をしている軍人さんも、でっかい花束とかでっかいキャンディーの包みをもって、彼女のところへ向かっています。

ホワイトデーはどうせtanには縁のない話なのでこのくらいにして、今日は月曜日。サムルノリの日です。

同じところに(っていうか、隣の部屋に)すんでいる人に、今日こそサムルノリに行くと伝えてあったので、 携帯で連絡を取って場所を教えてもらい(サムルノリの教室すら知らなかった)、初参加です。

同じクラスの留学生たちからは、サムルノリはあまりおもしろくないと聞いていたのですが、これが結構そんなこともなく、 というより結構おもしろかったりして。

で、またまたアクシデント。

サムルノリっていうのは、要するに太鼓をたたいている訳なんですが、腕時計がじゃまだったので、はずして置いておいたんです。

そしたら、腕時計を忘れたまま帰ってしまいまいして。気がついたのが、地下鉄の駅に着いたとき。

地下鉄の駅から戻る途中で偶然クラスの子たちと遭遇し、めちゃめちゃ驚かれながらもサムルノリの教室へ戻ったんですが、 教室のドアは閉まっていて中にも誰もいない様子。

入り口に携帯の番号が書いてあったんですが、とてもtanの韓国語では説明できるわけもなく・・・、おとなしく帰ってきました。

今度のサムルノリは水曜なので、その時に先生に聞いてみることにします。

投稿者 tan : 00:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月13日

韓国短期留学記-第12日目

昨日の記事を見ていただければ分かりますが、帰ってきたのはもう朝。

ということで、今日は帰ってきたのも遅く、何もする気が起こりませんでした。

近所のスーパーに行って、飲み物だとかを仕入れて・・・、そのくらいですね。

明日はホワイトデー。当然、予定なしですが。(悲)

投稿者 tan : 00:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月12日

韓国短期留学記-第11日目

早いもので、11日目です。

今日は、例のティッコルモッへ行く約束があったので、 またまた狎鴎亭へ。

ところが、ちゃんと時間の約束をしていなかったので、スタバで宿題をやったり、ちょっと足を伸ばしてCOEXにいってみたり。

その後、女の子2人と狎鴎亭の駅の近くで待ち合わせ、ティッコルモッへ行ってきました。

ティッコルモッでは、「本当に留学生を連れてきた」ということで、大歓迎されまして。途中まではとても楽しかったのですが・・・

一人の女の子が、焼酎の飲み過ぎでトイレとお友達になってしまいまして・・・

結局3時間くらいですかね。トイレから出たり入ったり・・・

何とかタクシーに乗って帰れたので良かったですけど。

女の子がどのくらい飲んでいるかとかも、ちゃんと見ておかなきゃだめだなぁと痛感しました。

投稿者 tan : 00:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月11日

韓国短期留学記-第10日目

授業が終わってからの話題がありすぎて一日遅れになってます。

昨日は、その冬のソナタのチェ・ジウの事務所(ポラリス)のロケでつかった店に行ったという話を書きましたが、クラスで話したところ、 女の子が行きたい!と言い出しまして。

今週末に、また行くことになりました。

で、昨日何があったかということですね。

昨日のお昼は、またまた外食。今度は、明洞にある明洞餃子へ。

あまりに有名な店なので、自分が旅行に来たときには行かなかったんですが、同じクラスの子たちが行くっていうので。

そしたら、他のクラスの子たちもきていて、なんと女の子8人に男はtan1人。男が一人混じってるっていう違和感は・・・、 たぶんなかったと信じて。

明洞餃子は、思ったよりはおいしかったですね。前払いっていうのが驚きでしたけど。

その後、女の子たちは買い物に行ったらしいのですが、僕は(仕事もあるので)先に帰ってきました。

で、やっと今日の話。

先生と、「昨日はどうでしたか?」みたいな会話の練習があることは書きましたが、そのティッコルモッにいった話をしたとき、 先生も行きたいと言い出しまして。

その先生とクラスの子たちと一緒に行っても良かったんですが、先生には地図を渡しておきました。

って、こう書いていくと、毎日遊んでるような感じだなぁ・・・

投稿者 tan : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月10日

韓国短期留学記-第9日目

昨日の分にかけなかったこと。

昨日の昼はピザをみんなで食べたと書きましたが、その後、 仕事をするために帰ってきて社長とmessengerやskypeで話していたとき、「韓国に知り合いがいるけど、その人と会ってみる?」 と言われたんです。

で、messengerで3人でチャットしていたんですが、途中でそのチャットが切れてしまって。

そしたら、その韓国の人から携帯に電話がかかってきて、「今日は暇ですか?今から会いませんか?」と言われてしまったんです。

もちろん、何の予定もなかったのでOKして行ったんですが・・・

待ち合わせは、江南の方にある狎鴎亭という駅でした。

僕が住んでいるところからは、5号線と3号線で行かれるんですが、家を出るのが少し遅れてしまい、 遅刻しちゃいけないと思い地図をみて乗り換え回数は多い物の距離が短そうな1号線を使うルートを選んだんです。

そしたら、それが大失敗。

ソウルの地下鉄1号線というのは実はほとんど地下区間がなく、事実上国鉄のバイパスみたいになってます。でも、 国鉄区間を含めて全体が1号線と呼ばれているんですが。

で、その1号線に乗ったんですが、見事に乗り間違えてしまい、漢江を地下鉄に乗って行ったり来たりする羽目に。

挙げ句の果てに逆方向の電車に乗って戻ってしまったりとやっていたら、結局狎鴎亭についたのは予定時間の1時間後でした・・・

幸い、相手の人には「僕も日本に住んでいた頃、電車の乗り間違いとかはありましたから、大丈夫ですよ。」 と言ってもらえたのが救いでした。

その後、その人とまずサムギョプサルを食べ、その後、 斗山タワーという韓国で有名なOBビールの会社の本社にあるビアホールにいくつもりだったのですが、すでに営業時間を過ぎてしまい、 別の店に行くことに。

ところが、この別の店がヒットだったんです。

なんと、冬のソナタのロケで使った店だったんです!!チェ・ジウの事務所として撮影されたところだとか。

お店の名前は、ティッコルモッと言います。

そこで、連れて行ってもらった韓国の人と、そこの社長さんと3人で食べて飲んで、最後に「留学生をまた連れてきます!!」 と約束して帰ってきました。

で、帰ってからが大変。そういう日に限って、宿題が多かったりして。

結局、4時頃寝て、7時半に起きる羽目になってしまいましたー

ページが足りないので、今日の話題は明日!

投稿者 tan : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月09日

韓国短期留学記-第8日目

だんだん、韓国での留学生活も落ち着いてきました。

なんだか、授業の話より、授業が終わってからの話が多すぎる気がするので、語学堂での授業の話も少し。

授業は9時から始まって13時に終わります。ですので、昼休みというのものがなく、4時間の授業が終わってからお昼ご飯を食べます。

担任の先生というのがいて、その担任の先生が1・2・4時間目の授業を担当します。主に、文法や会話の授業を担当します。 もう一人先生がいて、その先生は別のクラスの担任になっているんですが、その先生の授業は主に、発音・文章の朗読を中心に行います。

ところが、この2人の先生のキャラが全く違うんです。担任の先生の方が若く(もしかしたら、年齢はtanとあんまり変わらないかも)、 もう一人の先生は他のクラスからの情報だと35歳だとか。両方とも女性です。

で、もう一人の先生はなにしろ雑談が長い。50分しか授業時間がないのに、いつも30分くらいは雑談です。もっとも、クラスの人に、 「昨日はどうだった?」とか質問して、それに韓国語で答えるわけですから、授業といえば授業なんですが、テキストが全然進まない・・・

反面、担任の先生は、いたって真面目。テキストもかなりのスピードで進んでいきます。正直、最初の頃は「みんな、 このペースについていかれるのかな?僕はNHKで一度習った範囲だから大丈夫だけど・・・」と心配したくらいです。もっとも、 クラス分けテストを通ってきているわけですから、クラスみんなのレベルはだいたい同じ。後で聞いたら、みんな同じ心配をしていたようです。

さて、今日のお昼ご飯ですが、今日はピザを食べに行きました。

別に韓国でなくても日本でピザは食べられるわけですが、韓国ではピザハット等のお店は、レストランのようになっており、 普通に食事ができます。ドラマでしか見たことがなかったので、クラス4人で(またまた、男2人・女2人で)行ってきました。

ピザはもちろん日本で食べるのと同じです。しかし、やはり韓国の方が安い。Lサイズのピザにコーラがピッチャーで!来るんですが、 一人あたり500円でした。

t_IMG_0943

t_IMG_0944

投稿者 tan : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月08日

韓国短期留学記-第7日目

韓国にやってきて一週間が過ぎました。

相変わらず、集中して聞いていないと分からなくなってしまう韓国語オンリーの授業のおかげで、 4時間の授業はあっという間に過ぎ去ります。

しかし、そのせいもあってか、家に帰ってくると数時間昼寝をしてしまう始末。こっちにきても仕事を進めるはずだったんですが、 思うように進みません。

さて、昨日行こうと思っていたサムルノリに遅刻してしまい、結局行かれなかった話は書いたと思います。 (読んでない人は昨日の記事をご覧ください。)

昨日は結局、もう一度学生会館に戻り、中を見物していました。

そこで見つけたのが、延世のオリジナルノート。

実は、こっちに来る際、レポート用紙は持ってきたのですが、ちゃんとしたノートを持ってこなかったんです。しかし、 授業でノートはかなりとるし、しかも宿題を提出するために別のノートも必要とか。そこで、(お土産になることも兼ねて) 延世のオリジナルノートを買ってみたんです。

で、今日クラスでそのノートをクラスの子たちに見せたところ「私も買いたい」とのこと。

というわけで、今日はクラスの女の子2人と昨日の男を含めた4人で学生食堂に。

ここは何しろ安い。180円~200円くらいで食べられます。トッポキなんか、100円だったと思います。なぜか、 ここの売店と語学堂(僕らがいつもいるところ)の売店とでは、同じジュースやお茶でも値段が違うのは見なかったことにして・・・

その後、ノートを買いに行ったんですが、一緒に行った2人が予定があるとかで先に帰ってしまい、僕ともう一人の子で売店の見物です。

やれ、CDが安いだとか、文房具がいろいろあるーとか、さんざん見て回り、なんと売店に1時間はいたようです。

さらにその後、グローバルラウンジという、延世の大学生が海外の人たちと交流するラウンジへ行ってみたところ、 クラスの男が延世の学生(もちろん、韓国人の女の子)と話しているのを発見し(というか、いるんじゃないかと思って行ったんですが)、 ちょっと冷やかしてみることに。

そしたらその男がうちらを見て、「なに、二人してどこ行くの~?」って。

いや、どこにも行かないから。帰るだけです。(ちなみに、その時一緒にいた女の子は、釜山に彼氏がいるそうです。)

投稿者 tan : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月07日

韓国短期留学記-第6日目

韓国にいても日本にいても、週末というのはあっという間に過ぎ去るものであります。

週明けの月曜日ですが、やはり思ったとおり、会話の練習では「週末はどうでしたか?」みたいな質問でした。

クラスの人数が奇数になってしまったので(一人が自分で希望して上のクラスへ移動してしまったので)、 誰かは先生と会話することになります。

そこで、僕が先生と会話することになったのですが、先生と話してビックリ。なんと、 その先生も僕が昨日行ったワールドカップ競技場の近くのカルフールに行っていたとか。もっとも、 そこで会ったところで分からなかったかもしれませんけど。

今日のお昼は、初めて学生食堂へ行きました。去年の夏もこの短期留学に来ていた大学生の男と一緒に。

実は、初日のテストの帰りにその学生食堂によってみたのですが、言葉もあまり分からないし、 どうやって注文したら良いものかも分からなかったので、結局食べなかったんです。

一緒に行ったおかげでその食堂のルール?も分かったし、その大学生からもいろいろな話を聞けたので良かったのですが・・・

今日は、文化体験のサムルノリの日だったんです。

13:50集合って言うことだったので、間に合うように行ったつもりだったんですが、集合場所に行っても既に誰もおらず、 近くにいた日本人留学生に「サムルノリは、もう行っちゃいましたよ」と言われてしまい、仕方なく帰ることになってしまいました。

住んでいるところに帰ると、1階のパソコンコーナーに同じクラスの留学生(といっても主婦ですが)がいました。

ちょっと声をかけようかなと思っていたら、これが長話になってしまい、その後、やはり同じ所に住んでいる (というか隣の部屋に住んでいた)留学生(しかも、この人はサムルノリでも同じ)などが集まってきて、計4人でロビーで話すことに。

その後、せっかくだからということで、近くのお店で3人でプルコギを食べ(何故3人かというと、 その主婦の留学生は歯が痛いということで部屋で休んでいたのです)「これからも(といっても3週間だが)よろしく」となりました。

t_IMG_0923 

教室で、クラスのみんなと。(二人の顔が切れちゃってるけど・・・)

投稿者 tan : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月06日

韓国短期留学記-第5日目

はい、日曜日です。

日本にいたら、いつまでもグタグタしているわけですが、せっかくの貴重な韓国生活。積極的に行動するしかありません。

ま、もっとも、積極的にと言ったってまだやってきたばかりの韓国で、しかも一人で行かれるところなんて限りがあります。そこで、 今日は買い出しっていうことで、隣の駅にある(と言う話の)カルフール(韓国の発音ではカルプ)を目指します。

ところがなぜか見つからない。代わりに見つかったのは、韓国農協の系列スーパー、ハナロ。しかし、 残念ながらここは日本で言うところの食品スーパーで、変圧器とかそういった類のものはありません。とりあえず、 ジュースとかお菓子とかそういった買い物をして、一度家に帰りました。

今日は、実は夕方から韓国の人とあう約束があるのです。そのためにミョンドンに行かなければならないのですが、 それには少しまだ時間があります。

ということで、前に言ったことがあるワールドカップ競技場のカルフールへ行くことにします。

ここのカルフールはとても行きやすく、地下鉄から降りるとすぐに入り口があります。

変圧器は電気製品の近くかなぁと探しても見つからず、決死の思いで(ややオーバー)店員に聞いてみることにします。 電子辞書を指さしただけですが。

そしたら、ちゃんとありました!!しかも、値段は1000円くらい。コンセントは1コしかないやつですが、 これで十分だったので購入しました。

その後のミョンドンですが、韓国の人とスタバで少し話した後、チムタクを食べて帰りました。 日本のテレビで見たことがあったチムタクが食べれてちょっと感激。

投稿者 tan : 00:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月05日

韓国短期留学記-第4日目

留学生活を初めて初めての休日です。今日はゆっくり寝ていようかと思いましたが・・・、土曜の午前中からインターホンが鳴っています。 慣れない海外生活で疲れていることもあり、もう少し寝ていようかと思いインターホンを無視していると・・・、部屋を開けられてしまいました。 ルームサービスのおばさんに。

そう、いま済んでいるところは、ホテルとウィークリーマンションをあわせたようなところで、 部屋の掃除やベッドメイクはやってもらえるんです。

向こうも分かったようですぐドアを閉めましたが、ちょっと困ったもんですね・・・

 


 

せっかくの休日なので今日はお出かけ。

韓国と日本の違いは、そりゃいろいろあるわけですが、結構切実なのが電圧の問題。韓国は220Vなので、 ノートパソコンのような海外対応アダプターであれば、プラグを変換するだけで使うことが出来、これはホテルでも貸してもらえたのです。

しかし、変圧器は貸してもらえず(tanの説明が悪かったかもしれないけど)、変圧器を買いに行くことにしました。これがないと、 ひげそりが充電できないんで。

ソウルで電気屋がたくさん集まっているところが2カ所あります。龍山(ヨンサン)と漢辺(カンビョン)です。以前、 カンビョンには行ったことがあったので、今回はヨンサンに行くことにしました。

ヨンサンは韓国の秋葉原などと呼ばれているところですが、行ってみてビックリ。まず、KTXの開通に伴い駅舎が新しい建物に移転し、 めちゃくちゃでかい駅になっています。電気専門ビルの他に、映画館やスーパー(E-MART)等がくっついており、 一日遊べそうなところになっています。

以前のヨンサン駅の方に、電気専門街があります。この電気専門街ですが、秋葉原よりはるかに規模がでかい。 ヨンサンが韓国の秋葉原なのではなく、秋葉原が日本のヨンサンと呼ばれるべきなんじゃないかと思うほどです。

で、ここで日本のプラグが刺さりそうな延長ケーブルのようなものがあったので購入。日本円で約500円でした。

ところが・・・、帰ってきてからビックリ。これ、変圧器じゃなくて、タダの延長ケーブルでした。(悲・・・)

変圧器購入計画、早くも頓挫。

投稿者 tan : 15:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月04日

韓国短期留学記-第3日目

短期留学3日目。今日こそバスがちゃんと来ることを願っていたところ、バスはちゃんと来てました。ところが・・・、 今度は留学生までkorean timeになってしまったようです。

tanも遅い方でしたが、もっと遅く来た人がいて、同じところに住んでいる最年長の人が僕に言いました。 「こういうのを内患外憂っていうんだよ」って。恐らく、僕に対するプレッシャーなんでしょう。(と解釈します。)

バスがちゃんと来たおかげで、今日は遅刻せずに済みました。学校の授業は昨日と相変わらず韓国語オンリーですが、 留学生同士の会話も学校の中ではなるべく韓国語を使うように言われているわけです。

しかし、クラス分けテストでレベル分けされているわけですから、クラスのみんなはだいたいtanと同じレベル。そう、 つまり韓国語オンリーでは会話が成立しないわけです。必然的に、韓国語・英語・日本語が混じるおかしな会話が続きます。

今日はちょっとした事件が。一人、カナダに移住している日本人がいると昨日書きましたが、昨日、 昼ご飯を一緒に食べたときに話したところ、去年もこの短期留学に参加していたらしく、もっと上のレベルにあがるために先生に直接交渉。 授業2日目にして、一人減ってしまいました。

ここでお昼ご飯について、少し。

今回通っている、延世の語学堂の建物にも食堂はあるのですが、とっても狭いため、延世の他の食堂に行くか、 外に食べに行くことになります。

昨日と今日行ったのは、延世の語学堂のすぐしたにある食堂。どうやらこの店、ポシンタンも食べれるようですが、 とりあえず無難なところのメニューにしておくことに。

投稿者 tan : 10:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月03日

韓国短期留学記-第2日目

いよいよ、授業初日です。

昨日はバスが来た時間が試験開始と同じ時間でしたが、今日はさすがにちゃんと来るんだろうと思っていましたが・・・

今日も予定時刻の8:10になっても来ず、結局来たのは8:30。でも、韓国語のある程度分かる留学生が運転手に聞いてみると、8: 30に到着するように言われたとか・・・?

このいわゆるkorean timeもすごいが、韓国の交通渋滞はもっとすごい。

昨日、昼間に30分で着いた大学までの道のりは45分くらいかかり、今日もまた遅刻。 授業初日から遅刻とはなんとも居心地の悪いものです。

またまた韓国語がある程度話せる留学生に事務室へ一緒に行ってもらい、バスが来たのが遅かった事を説明し、 指定された教室へ行く事にします。(ここまで読めば分かると思いますが、tanは実はほとんどしゃべれません)

昨日のクラス分けテストの結果で、1級(一番簡単なクラス)から3級(今回のプログラムでは一番難しいクラス、 本当は6級まであります)にクラス分けされ、さらに1級は1-1~1-5に分けられました。 tanが入ったのはその1級では一番上のクラスの1-5。同じところに住む事になった女性も同じクラスでした。

ところが、指定された教室に行っても誰もいない。仕方がないので事務室の人と一緒に教科書を買いに行き、再び教室へ戻ってくると、 今度はみんなで自己紹介をしていました。もちろん、韓国語で。

ある程度の韓国語は分かりますから、tanも自己紹介をやってみるわけです。もちろん、なにかウケそうなネタを入れて。で、 自己紹介で驚かれた事は下の3点。

  • いま、27歳だということ。
  • 社会人のくせに、約一ヶ月も休んできたこと。
  • いままでの韓国語の勉強は、NHKの独学だけということ。
  • 彼女がいないと言うこと。(これは驚かれていないか?)

みんなの自己紹介を聞いていると、ほとんどが学生でした。これが結構バラバラで、歯学生、看護大学生、獣医学生がいたり、 3○歳の主婦や、カナダに移住している日本人など、なかなか面白そうなメンバーがそろっています。12人のメンバーのうち、 10人が日本人で、1人が韓国系アメリカ人、もう一人が香港人でした。

自己紹介の後は、もう授業が始まります。なんと、全て韓国語。ところがこれが意外なほど理解でき、自分でもビックリでした。

あっという間に4時間の授業が終わり、クラスの人と昼ご飯を食べ、家に帰りました。

投稿者 tan : 09:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月02日

韓国短期留学記-第1日目

韓国で迎える初めての朝。なんといきなりの雪・・・。今回の留学を暗示させる天気なのでしょうか?

今すんでいるところはホテル形式の(外観が特に)きれいなところで、同じ建物の地下1階にファミリーマートがあります。

今日のクラス分けテストは午後2時からということだったので、遅めの朝ご飯をファミリーマートで調達し、 部屋で仕事をしながら時間になるのを待ちます。

実は、今すんでいるところも大学が用意してくれたところで、大学までシャトルバスが運行されることになっていました。もっとも、 100人近くいる今回のプログラムの留学生の中で、ここを使っているのはわずか12人。てっきり、 マイクロバスみたいなのがくるのだと思っていました。

今日の集合時間は13:15。13:10頃に1階に行くとすでに延世の留学生たちが集まっていました。 1人をのぞいて全員日本人でしたが。

ところが、このバスが時間になっても来ない。ちょっと待ってもこない。だいぶ待ってもこない。13:45位になってもこないので、 韓国語がある程度分かる留学生の人が、泊まっているところのフロントの人に話して、そのフロントの人から延世大へ連絡してもらうことに。

ただ、延世大でもちゃんと把握している人がいないらしく、結局バスがきたのは2時。

試験開始も2時。

初日から遅刻です!

遅れていった分、試験が不利になるかな?と思いましたが、全くの杞憂でした。

試験が難しすぎて。

明日からは、試験の結果をふまえてクラス分けがされるそうです。授業も明日から!

投稿者 tan : 22:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月01日

韓国短期留学記-第0日目

いきなりですが、私、3月1日から25日まで、韓国の延世大学校・韓国語学堂に短期留学することになりました。

聞くところによると、課題がかなり出るらしいのでどこまでblogに書いていかれるかわかりませんが、がんばって行きたいと思います。

で、0日目ということで。

今回の短期留学は、延世大が用意している3週間のプログラムに参加する形になります。3/2から始まるんですが、今回は一日早く3/ 1から渡韓することにしました。

今回は、韓国語を勉強したいという自分の希望が叶った形ですが、もちろん社会人の宿命。その間、 仕事を全くやらないわけにはいきません。こうやって、blogを更新できるのも、 韓国で仕事をするためにノートパソコンを持ってくることになったおかげといえるでしょう。けがの功名?とはちょっと違うか。

仕事の資料やら韓国語の本やらでスーツケースは満員御礼状態。今回のために買ったスーツケースですが、あまりに重いので、 初めて空港宅急便を利用することにしました。 これ、みなさんにおすすめです。成田空港の出発カウンターがある3階まで宅急便で運んでくれます。当日、 スーツケースを持たずに空港まで行かれるって言うのがこんなに楽だったとは・・・初めて知りました。

しかし、やっぱり重いスーツケース。スーツケースを預けるときに重さを量りますが、なんと26kg。 エコノミーの無料重量を超えてしまいました・・・。でも、超過していることは言われたけど超過料金はなし。

飛行機も無事に飛び( 後ろから追突されそうにもならずに)、無事仁川国際空港へ到着しました。イミグレでは、無愛想な入国管理官に、 これまた無愛想な言葉で「韓国内での住所を書け」などと言われましたが、特にトラブルなく荷物も受け取り、 日本語の通じる携帯電話貸し出しカウンターで携帯のレンタルも無事完了。

ところが、これからが大変。

すむところまでは、空港からはバスと地下鉄 or タクシーを利用することになるんですが、 変なところでけちろうとした自分が馬鹿でした。空港からのバスはうまくたどり着けたのですが、 大学から勧められていたタクシーの利用をやめて地下鉄を選んでしまったんです。

そうしたらその地下鉄の駅(正確には韓国国鉄の区間ですが)、エスカレーターもエレベーターもない。結局、 途中の乗換駅や降りる駅にもエスカレーター・エレベーターがなく、26kgもあるスーツケースをもって運ぶことに。 おかげでこれを書いている今もなんだか腕が筋肉痛です。

何とか部屋までたどり着き、パソコンを開いてメールをチェックした後はそのまま就寝。明日はクラス分けテストです。

投稿者 tan : 22:38 | コメント (0) | トラックバック