« 入院時の持参薬、事故の温床 | メイン | tan のProfile »

2005年02月05日

同じ記事を複数紙で比較してみるテスト - 民主党と日歯連

日歯連の政治資金収支報告書(99年)に記載された民主党への200万円の支出が民主党の報告書にないとされる問題。

まず、各紙の見出しを見ただけでも、論調の違いが分かる。

自民「政治とカネ」逆襲、 民主「余裕のなさの表れ」予算委 (朝日)

日歯連寄付で自民と民主応酬 (毎日)

日歯連から寄付 「民主が不記載」…自民が指摘 (読売)

日歯連献金を民主が不記載、自民党の松島氏が指摘 (日経)

産経はこれに関する記事の掲載なし。

 

さて、この4紙の見出しを見ると、朝日・毎日は民主党が反論していることが分かるが、読売・日経においてはそのかけらも見られない。

また、記事の本文を見ると、朝日の記事が当日の予算委員会の様子(自民党の委員が政府に対して、民主党に関する質問をしている) が分かる。しかし、その反面、200万の支出がどういう物だったのか記載が全くなく、民主党の反論も「幹部」となっており、 誰が反論しているのかよく分からない。

毎日を見ると、200万の支出がどういうものであったか詳しく書かれており、民主党総務局が反論していることになっている。また、 4紙の中で、唯一の署名記事である。

読売を見ると、自民党が民主党のことを指摘しただけでなく、「不記載の責任を明らかにすべきだと主張した」事になっている。また、 反論についても毎日と異なり、川端幹事長の記者会見の席上で行われたことになっている。

日経についてはきわめてシンプルで、「・・・指摘した。」「・・・批判した。」と自民党のスタンスを記載しているだけで、 民主党の反論が全く入っていない。

 

論調の違いというのは当然あるべきことで、特に、トップの二紙(読売と朝日)の論調がこれだけ違うことを、 私たちは幸いと思うべきでしょう。



さて、このblog。ランキングで何位なのか、気になりませんか? BS blog Ranking

投稿者 tan : 2005年02月05日 17:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:  http://pyol.jp/mt-tb.cgi/51


以下の書籍が参考になると思われます。


コメント