« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »

2004年12月

2004年12月29日

韓国サムスングループ、04年利益1兆9000億円に

韓国サムスングループ、04年利益1兆9000億円に

やっぱり、お金が一番集まっているのは、最も上流にあるメーカー。

薬学生の皆さん、就職活動をするとき、こういう事も考えに入れないと失敗しますよ。

投稿者 tan : 00:07 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月28日

精神安定剤で8歳男児中毒…誤って10倍調剤

精神安定剤で8歳男児中毒…誤って10倍調剤

福島県やクオール(東京都新宿区)によると、今年9月、医師の処方せんは粉薬「セレネース」28日間分3.36グラムだったが、調剤師が誤って33.6グラムを調合した。

日本に調剤師という資格はありません。
薬局によっては、錠剤やカプセルのピッキングは調剤助手などと名付けた普通の人にやらせている場合がありますが(tanはこれを否定しません)、散剤の調剤は大概、薬剤師がやっているはずです。

知名度の低さ、マスコミに取り上げられるのは事故の時だけ。
寂しいものですね。

投稿者 tan : 21:48 | コメント (0) | トラックバック

JR不採用、全動労組合員が損害賠償求め提訴

JR不採用、全動労組合員が損害賠償求め提訴

組合員であることを理由にJRの採用候補者名簿に載せなかったのは不法行為に当たる

国鉄解体・民営化の時に、組合差別があった(現在も組合差別は存在する)のは周知の事実。
私にとって、この問題はライフワークとも言えるもので、早期解決を強く望みます。

投稿者 tan : 02:30 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月27日

600回を迎えるEBS『イングリッシュカフェー』の猟奇的講師ムン・ダンヨル氏

600回を迎えるEBS『イングリッシュカフェー』の猟奇的講師ムン・ダンヨル氏

以前、NHKの英語でしゃべらナイトの特番にも出ていました、ムン・ダンヨル氏。
日本でも、この人が書いた英語の本が売っています。

このEnglishCafeという番組は、韓国のEBSという放送局のネット会員になればネットで見ることが出来ますが、こんな英会話番組見たこと無いと、誰もが思うと思います。

http://www.ebs.co.kr/Homepage/?progcd=0001450

投稿者 tan : 02:16 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月19日

日韓調整に成果と韓国与党 野党、日本への慰め足りずと批判

日韓調整に成果と韓国与党 野党、日本への慰め足りずと批判

「(盧武鉉大統領は日本国民に対する)慰めの言葉をもっと発するべきだった」と批判した。

韓国の新聞の論調も変わったもんだね・・・。

本当に、日韓新時代になりつつあることを感じる今日この頃。

投稿者 tan : 16:47 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月12日

久々に横浜に帰りました。

親が入院してしまい、お見舞いのために横浜に帰りました。
入院といっても胆石なので、それほど心配する病気でもなく、本人も痛がっている様子もありませんでした。(食事もしているらしい)

さて、tanの独断と偏見による横浜の名物。

ありあけのハーバー
http://www.ariakeseika.co.jp/html/harber.con.html

どこにでも、銘菓と呼ばれるようなお菓子はありますが、ハーバーはお勧めです。
神奈川県内でしか手に入らないのもポイントです。
なお、新横浜の駅の構内でも売っています。

投稿者 tan : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月11日

日本テレコムから引き抜き DDIポケット、新社長を

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041210-00000214-kyodo-bus_all

すごいね。

むかし、DoCoMoの宣伝をやっていた織田裕二が当時のIDOの宣伝に出始めたとき、ちょっと評判が悪かったけど、時代が変わったのかなぁ。

投稿者 tan : 01:59 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月10日

やはり警察は犯人を作り出すところ。

tanの身近にいる人はよく知っていると思うが、tanの口癖の1つは「警察は犯人を見つけるところではなく、犯人を作り出すところ」だということ。

元国家公安委員長(つまり日本の警察トップ)が渋谷署に(違法)職務質問を受けたという記事だが、数年前に、tanのWebサイトで渋谷署のことを書いたことがある。

当時、渋谷署がセンター街の歩道上に設置してある路上看板の取り締まりを行っていたのだが、その街宣車?のような車を運転している奴が、なんとシートベルトをしていない。
車にくっついている奴に指摘しても「あぁ。あれはいいんだよ。」だって。

なにがいいんだか???

その日、渋谷でボヤがあり、同じ巡査達が交通整理をしていたが、まったく効果はなく、使えない渋谷警察だなぁとその当時書いた記憶があります。

「あいつ怪しい」元警察トップに職質
忍び寄る警察国家の影

投稿者 tan : 00:03 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月06日

関節炎治療Cox-2抑制剤に「胃がん予防効果」

関節炎治療Cox-2抑制剤に「胃がん予防効果」

下の記事と同じく、朝鮮日報の記事。

さて、薬学生のみなさん。
cox-2選択阻害の薬物、いくつ出てきますか?

投稿者 tan : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月05日

頭に5センチのクギ刺さったまま生活した20代男性

頭に5センチのクギ刺さったまま生活した20代男性

こんな事があり得るのか??

投稿者 tan : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月01日

【携帯カンニング】新たに82人確認 全国に拡大

韓国の修能試験という、日本で言うところのセンター試験のようなもので、大規模なカンニングがあったということは、ニュースでご存じの方も多いと思う。
携帯電話を使ったこういった事件は、対岸の火事ではないと私は思う。

さて、注目すべき点はそこではなく、下記引用。

ソウル警察庁は30日、「SKTとLGテレコムから受け取った携帯電話のメール24万8000件を調査した結果、ソウルの4グループから10人、忠清南道の2グループから4人、全羅北道の8グループから39人、光州、全羅南道の7グループから29人の計82人がカンニング行為をしていたことが確認された」と伝えた。

つまりどういうことかというと、SKTelecomとLGテレコムは韓国の警察に携帯電話のメールの中身を提出しているという事である。
日本ならば当然のごとく守られる通信の秘密が韓国では守られていない。

しかも、国家スパイ事件のような事件ではない。たかが、カンニングである。

日本では、NTT等通信事業者の社内では、たとえ冗談であっても、顧客の通信内容をしゃべったり、などということは本当に許されないと聞いたことがある。
盗聴法(通信傍受法)が日本でも成立したとはいえ、たかがカンニングでここまで警察が動くことはないだろう。

この日本の社会をいつまで守っていかれるか、我々は慎重に行動しなくてはならないと思う。

投稿者 tan : 02:26 | コメント (0) | トラックバック